おやじの独り言

“ハングリー精神”は城北埼玉高校時代に生まれた。

受験校でもあり、埼玉県でも大学進学率は上位ランキングされる進学校だ。
しかし、中途半端な立ち位置というか超有名校でもなく、どちらかというと
すべり止め、あまり行きたくなかった学校という位置づけだ。

悔しい思いが沢山ある方が成長する

城北埼玉高校を第一希望で入学してくる者は少ない。
あくまでもすべり止め校であるからである。
大半の人がこの時点で超一流大学を目指すことになる。

スペシャルなカリキュラム

1年生の1学期終了時点で英語、数学、国語は1年生のカリキュラムを終了する。
この時点での大半は落ちこぼれる。

やる気のある人間はこの時点で大学受験を見据えた動きをする。

落ちこぼれた人間は果てしなく落ちこぼれる。
3学期になると文系理系、国立私立の選択をする。

2年生になった時点で8割以上は落ちこぼれになっている。
2年終了時には先輩たちの受験情報が流れ、
少し受験モードに入る。

落ちこぼれた人間もこの時点で巻き返しを図るものもいる。
もともと入学した時点で植えついたハングリー精神が見え隠れし始める。

これがまさに城北埼玉の真骨頂で
大半が国立大学、私立有名大学にチャレンジするのである。

そして更にその多くが現役受験失敗という
大きな壁にぶち当たるのである。

浪人になっても

現役受験を失敗した人間は浪人生活になると
一瞬気が抜けるが、その後は予備校生活で
新しい学生生活を送ることになる。
ここで、城北埼玉より偏差値の低い学校の者と同じクラスになったり
成績が悪いことを知る。

ここからが本番だ。
城北埼玉魂はここで炸裂し、猛勉強を始める。

こうして城北埼玉の進学率は99%を超えるのである。

城北埼玉出身の”ハングリー精神” は
入学と同時に生まれたのである。