おやじの独り言

“新しい命”の誕生の感動秘話です。

病院の待合室で待っていると、
すぐに診察室に呼ばれレントゲン写真を見せられた。


先生が「おめでたです。3匹います。」
と、

私はレントゲン写真が貼られた瞬間に
きっと大きな病気なんだと覚悟していたので、
口はぽっかり空いた状態で
まるで夢の中にいるようでした。

“新しい命”の誕生

「3匹ですか?」
「はい、元気ですよ。あと2週間以内に生まれるでしょう。」

分娩についての注意事項とその後の生活についての
用紙を渡されました。
「もし不安でしたら10日後くらいに病院に連れてきてください。」

一瞬悩みましたが、その場からは一度退散家路に。

あっという間に時間が過ぎ
9月26日夜中2時くらいから
カレンが家中を走り回ります。

それはまるでイノシシのように、
あちらこちらに突進します。

勉強していた私は焦ることなく見守りました。
そう、
生まれる直前にはソワソワしだし、時折走ったりして
気が荒くなります。

と書いてあったのです。

2回目のお産画像

2回目のお産

画像は2回目のお産です。1回目は写真を撮る余裕がありませんでした。

新しい命の誕生の瞬間

段ボールや、たくさんのタオルを用意して備えました。
3:50
1一人目が出てきました。カレンは体が小さいので
とても苦しそうでしたので少し手を貸します。
緑色っぽい体液と袋にくるまれた状態で出てきました。

カレンが必死にへその緒を切って自分から切り離します。
最後は私が勇気をふり絞り切りましたが。
カレンは顔中をなめまわし呼吸を確保していました。

私は次々生まれてくることを
同じように見守りながらへその緒
必死で切り離します。

3人が元気になったのを確認できたのは5:00を回っていました。

私は子供がいないので新しい命の誕生
異常な興奮と感動でその日1日は会社にも行かず、
1日中そばで見守りました。