おやじの独り言

“ベルファイア新型”(2017年5月登録)ロードインプレッション

碓氷バイパスを走る

27年ぶりに走った碓氷バイパスを新型ヴェルファイア30系を走ってみた。軽井沢まで東京からは上信越でノンストップで行けるが、あえて松井田妙義で下車して横川を経由してみた。27年前にはこの上信越道は開通していなく軽井沢までは下道を果てしなく進むコースであった。もちろん松井田妙義での下車は始めてであるが、日曜日にもかかわらず渋滞もなくスムーズであった。


碓氷バイパスまでは比較的信号も少なく走りやすい道である。途中、横川のおぎのやで釜飯をたべていよいよ碓氷バイパスである。

48ものカーブを超えるのであるが、27年前の道と何も変わっていない。もしかすると気が付かない程度に登坂車線が増えたかもしれない。
さて、道は相変わらず冬のチェーン走行のあとがそのまま残っていてギザギザに削られている箇所が多い。アップダウンのこう配の激しさも当時のままである。

碓氷バイパスは48個のカーブに対し、旧道の碓氷峠は184個もカーブがあり道幅も狭い。大雨の時や雪などの時はバイパスが通行止めになるため、旧道に回されるが、登れないトラックなどが往生していて最悪の状態になる。

今回の車、ヴェルファイア30系は重量級でありながらトヨタ車らしさの下のトルクの高さで上り坂もストレスはない。さらに足回りもガチガチに固めてきたため、下からの突き上げこそひどいものだが、ロール感もなく、ピタッと張り付いたようなコーナーリング性能は快感である。2速3速走行が多いため4000~5000回転での走行(超不経済燃費走行)が多く、エンジンの回転速度とレスポンスの良さはファミリーカーとは程遠いスポーティーさが感じられる。

使用車
スペック
2500㏄ 
182㎰
AT
カスタム
足回り ショック・サスペンション 強堅
タイヤ 245 40 20インチ
オーディオ デジタルプロセッサー
マフラー
各種エアロ

今回使用した車は2017年4月納車のヴェルファイア30系2500㏄である。

前述したとおり、峠を攻めても何のストレスもなく、スムーズな走行であった印象である。足回りを固めていたため、ローリングや激しいGもなかったが、その分の下からの突き上げと小石に乗っただけでも感じるタイヤ情報の伝達はステアリングカバーがないと手がしびれるくらいのものであった。エンジンも2000回転~4000回転まで達成するまでは物凄く反応も良く、回転数以上のサウンドが耳に響く。4000回転を超えたあたりからは逆にうなっているだけにしか聞こえないエンジン音に変わるためやや不快な感じが残る。

ヴェルファイアの威力
カーオーディオにやや不満
おすすめスポット
まとめ