おやじの独り言

“嫌いな人” ってどんな場面にも必ずいますよね。

特に普段の生活の中では避けて通れる人も仕事ではそうもいきません。

普段から親しい仲間や気心知れた仕事仲間の間ではあまり感じることはありませんが、仕事に直接かかわる人などではこの”嫌いな人” が発生してきます。

私の場合、普段の仕事ではあまり感じることはありませんが、年末年始の挨拶まわりなどしていると、新しい上司や担当者を紹介される場面ではよく発生してきます。

それでは、この避けて通れない”嫌いな人” とどのように接してどのようにしてストレスを溜めないかをお話ししましょう。

“嫌いな人” と接してストレスを溜めない方法

なぜ人を嫌いになるのか?

言葉
嫌味を言われる
悪口を言われる

態度
自分の期待に応えてくれない
自分に無関心だから
自分に嫌なふるまいをするから
約束を守らないなど

生理的
タテマエと本音が見え隠れするから
体臭など
しゃべり方など

多くの理由で、受け入れられない、嫌いになる理由があります。
そして、不思議と嫌いになる人には共通した部分があります。

当然、容姿、性格など同じ人はいないわけですから必ず自分とは違った人を嫌いになるのです。
考え方が似ているから好き、嫌いということもありますが、結果的には同じ人はいないわけです。

見方を変える

私は、一度嫌いになるとその人のみならず、人間不信に陥り人と会いたくなくなります。
これは調べてみると心理学的には一般的なことで、病的でもなんでもないみたいです。

例えば、
「おまえといると、イライラする。なぜこんなこともわからないんだよ。」
などと暴言を吐かれたとします。

私はこう言われたときは、以前ならば、「こいつ、ムカつく」などと同じ目線の立ち位置で感情的になっていましたが、
最近は「この人、こういう風にしか思えないのか・・。」「教えることもできないのか・・。」
と思うようにしています。

つまりは同じ土俵に立たずに、少し距離感をもって更に上から目線で見てあげるのです。

とは言いつつも後味としてはいいわけではありません。
必ずストレスに感じるはずです。

このストレスを解消してあげないと、再度この嫌いな人と仕事をする場合に、解消しようもないストレスが残ります。

そんな時は、「私はこの人から仕事を頂いて生活しているんだ。」「この人がいないと生活できないんだ。」
と思うようにして歩み寄ります。

時間がたつと、その嫌いな人も少し心を開いてくれるようになります。
ここは踏ん張りどころ。仕事の話から無理に脱線してでも会話を増やし、近づくようにします。
そう、 人心掌握術に近い部分があります。

人心掌握術とは・・
人心掌握術とは人の心をがっちりと掴んで離さない、いわば「人たらし」の術のことです。人心掌握術を正しく、上手に使えるようになれれば人間関係が良くなり人生の質が上がります。

最終的な目的としては、どんなに嫌いであってもその人とと仕事の関係がある以上は仕事を生み出す、お金が生み出るわけです。
逆に嫌いな人にすり寄って仕事がうまくいったケースも私の場合は多くありました。

コミュニケーション能力との関係

そして、嫌いな人と接してストレスを溜めないようにするにはコミュケーション能力を求められます。
多くの著名人(例えば、故星野仙一など)の中にも嫌われるような発言をしても人をひきつけ、上手にリーダーシップをとってきた人も沢山います。これは最終的にはコミュケーション能力が高いからだと思います。

このことからもわかるように、コミュケーション能力が高ければ、嫌いな人と仕事をする場面が訪れてもストレスを溜めないで済むのです。

ということは、コミュニケーション能力をアップすれば良いという回答にもなるわけです。

最終目標地点を決めること

少し話しはダブりますが、中間でも最終でも地点を決めて目標設定すればいいのです。
目標さえ見えてしまえば、達成することだけを追いかければいいわけですから嫌いな人のことへの感情は薄れていくはずです。

そして、人のことだけでなく自分自身も人から好感が持たれる態度で接するようにすることも大事なことです。

どのみち嫌いな人に対してことなので、愛想振りまいても痛くもかゆくもありません。
気分的には進まないかもしれませんが、戦略の1つと考えれば気分は楽になります。

以前コンビニエンスストアでの出来事から似たようなことを感じ取りました。
参考にしてみてください。

まとめ

“嫌いな人” と接してストレスを溜めない方法としていくつかご紹介しましたが、実践してみると簡単そうで中々手ごわいです。
正直、ストレスを溜めないとか無理でしょ。って思われるかもしれません。

私も人を嫌いすぎて、とにかく人に会いたくなくなりお酒に溺れていた時期もありました。
今考えると馬鹿なことしたなあと思いますが、そこは経験です。

嫌いになって避けて通れるならばそれでいいでしょうが、仕事となるとそうもいきません。
ということで、このような記事を自分の戒めの意味も含めて記してみました。

とにかく、嫌いな人と会い、ストレスを溜めることは不健康です。