おやじの独り言

最近は車に乗るときはすべて”セルフ給油”にしている。
特別深い意味もないのだが、セルフで給油すると窓を拭いてもらう
サービスがないことを除けば、特に問題がない。
GSもこの先は無人に近い形が多くなるのであろうか?

セルフを使いだして数年たったある日のこと。

給油にまつわる話

自動で給油できる??

給油する際のレバーを押しながら
デジタルメーターを見ている。
寒い冬場は
「もっと早くはいないものかな・・」
と独り言が出てしまう。

反対側の人が給油しているのをみると
なんと手放しで給油しているではないか!
オマケに窓吹いたり、室内の掃除したり・・

あれっ?

もしかするともしかする。
レバーをくいッと押してみた。

やっぱり・・

自動給油の画像

自動給油

しばらく放置して
「あふれたらどうしよう・・」
と心配しているうちに
「カチッ」と音がしてデジタルメーターが
止まった。

自動給油できるではないか!

はじめて自動給油できた感動と
スタンドに説明書きがない不親切さを感じた。

「セルフで入れるのだからこれくらいのことは知っているのか」
という意味に感じた。
この手の話が多い。
便利なようで不便な世の中だ。

給油口豆知識

せっかくの給油についての話題なので
ひとつ豆知識

給油口は右?左?

普段乗っている車なら問題ないのですが、
人の車を運転するとき、レンタカーなどの場合は
給油口が右にあるか左にあるかを確認してから運転をする
なんてことは少ないですよね。

そこで給油口はどちらにあるかを見分ける方法があります。

給油口の位置画像

給油口の位置

運転している時のメータパネルの給油残をみるゲージです。
ここにこのように三角矢印があるはずです。
(最近はない車もあるみたいですが)

車の外から見分ける方法

運転席ではわかりましたよね。
では外から見分けるにはどこを見ればいいのでしょうか?

まさか車種で覚えるなんてことはありません。

マフラー位置画像

マフラー位置

ズバリ!!

マフラー位置で見分けがつきます

ですから画像にある車の給油口は左にあります。

ではこの車は?


例外もありますね。

基本的にマフラーは高熱になるため
給油タンクとは反対側に設置するという
自動車メーカーの安全対策だとは思いますが、
必ず例外もあるということですね。

ちなみにメーカー別では

給油口が
左側に多いメーカー トヨタ、ホンダ、マツダ
右側に多いメーカー 日産、スバル

らしいです。

何の役にも立たないマニアックな豆知識でした。