おやじの独り言

今日はweb上で使える、”画像を加工する無料ソフト”の使い方を説明します。

サイト作成や社内の画像付き資料作成のとき、画像にすぐモザイクかけたいとか、番号ふって手順説明したいなんてこと沢山ありますよね。
画像保存して、画像ソフトで加工してまた戻してきて貼り付け・・なんて作業です。
想像以上に時間かかりますよね。

そんな時、ブラウザ上で加工できちゃうソフトがあります。

Web上で画像を簡単加工して時短しましょう


準備をする
ブラウザ準備
Google Chorome使用
ブラウザはGoogle Choromeを使います。
※拡張機能が多いので便利です。

Google Chromeを使用したことのない場合は下からダウンロード

Google Chorome

続いて
Nimbus Screenshot&Screen Video Recorederダウンロードします。

※無料の拡張アプリですので、気楽にいけます。

ダウンロードすると上にマークが出ます。


Nimbus Screenshotの使い方

使い方は簡単です。
上のマークをクリックすると
画面を選択する箇所がでますので、
お好きな画面(例えば可視部分とかページ全体など)を選択します。

基本的にこれで画面選択するとスクリーンショットになります。
ここで画面の大きさや好きな部分だけを残せるので大き目の画面をスクリーンショットしておくことがいいと思います。

よく使う機能

上のバーにいくつかの機能があるので1回1回使ってみるのがいいと思います。

モザイクをかける
番号をつける
印をつける
テキストで文字を入れる
スクショして画像にする

線の色や太さなどの調整もワードやエクセルなどと似たような感じで使いやすいです。

まとめ

スクリーンショットでのアプリは沢山ありますが、一番使いやすいものを選択するといいと思います。

このサイトでの紹介は基本自分の備忘録ですので自分がメインのアプリになります。

さらにGoogle Choromeの拡張アプリは便利機能満載ですので、次回またアップします。